運動不足解消のためにノルディックウォーキング、はじめたよ!

ノルディックウォ-キング




こんにちは、最近体力づくりの為にノルディックウォーキングを始めたこうじです!

「最近運動不足だから運動したい。」
「健康や体力作りの為に何か運動をしたい。」
「でも、あんまりキツい運動はしたくない。」

この記事はそんな方へノルディックウォーキングをオススメします!

運動はしたいけど、あんまりキツい運動はしたくない

僕は学生時代、陸上部に入っていて幅跳びや短距離の選手でした。
練習はキツくて、もう二度とあんなに苦しい思いはしたくないと思っています。

それでも、運動不足になった時や、ストレスが溜まった時には猛烈に走りたくなったりするんです。

ただ、わたくし23歳の頃にバイクで事故をして右膝を大怪我しました。
幸い、手術やリハビリのおかげでなんとか歩けるようになり、日常生活にも支障がない程に回復しました。

ただ、事故前のようにジョギングをしたり、スノーボードをしたり、登山をしたり、とにかく膝に負担のかかる激しい運動をすることはなくなりました。

でも、パソコンの前にずっと座ってレタッチ作業することが多くなると、意識して運動しない限り、どんどん運動不足になってしまうんですよね。

はい、デスクワークの方とまったく同じなんです。

 

そこではじめたのウォーキングです。

ウォーキングであれば膝に負担も掛からず、キツくもなく、苦しくなく、程良い負荷で運動不足も解消できる!
ということで、しばらくはウォーキングをしていました。

テレビでノルディックウォーキングを知る

ノルディックウォーキング

ある時、テレビを観ているとエクササイズとしてのノルディックウォーキングの存在を知ります。

 

ノルディックウォーキングとは??

ルディックウォーキングは、2本のポール(ストック)を使って歩行運動を補助し、運動効果をより増強するフィットネスエクササイズの一種である。もとは、クロスカントリーの選手が、夏の間の体力維持・強化トレーニングとして、ストックと靴で積雪のない山野を歩き回ったのがはじまりである。

引用:wikipedia

普通のウォーキングは足だけの運動になるのに比べて、ノルディックウォーキングは上半身の筋肉を含め、全身の約90%の筋肉を使う有酸素運動となる、とのこと。

早速ウォーキングからノルディックウォーキングに切り替えて始めてみました。

ノルディックウォーキングにはポールが必要

ノルディックウォーキングにはポールが必要です。
むしろ、ポールさえあればノルディックウォーキングはすぐにでも始めることができます

ぼくが購入したポールは、長野県のポールメーカー「ナイト工芸(naito)」が製作したポール。
ポールを伸縮させて長さの調整ができるタイプ。

ナイトにした理由はズバリ手頃な値段で国内メーカーだしメンテナンスもちゃんと受けられそうだから!

とりあえずやってみなければわからない派のぼくとしては、手頃な値段でサクッと初めるには丁度よかった。

ノルディックウォーキングのポールってこんな感じ!

ノルディックウォーキングのポールってどんな感じなのか簡単に写真で説明!

運動不足解消のためにノルディックウォーキング、はじめたよ!

 

グリップ部分(ポールを掴むところ)には、手とポールを固定するためのトラップが付いています。
左右表示があり、間違えて付けることがないようになっています。

運動不足解消のためにノルディックウォーキング、はじめたよ!

こんな感じでストラップへ手を通してグリップを握り、マジックテープで固定します。

運動不足解消のためにノルディックウォーキング、はじめたよ! 運動不足解消のためにノルディックウォーキング、はじめたよ!

 

 

地面に接地するラバーチップ部分。
バスケットは、柔らかな地面などに沈み込むのを防ぐ役割があるそうです。

運動不足解消のためにノルディックウォーキング、はじめたよ!

 

 

シャフト部分は身長に応じて長さを調整できるようになっています。
ポールの長さは「身長×0.68」に調整することが一般的です。

運動不足解消のためにノルディックウォーキング、はじめたよ! 運動不足解消のためにノルディックウォーキング、はじめたよ! 運動不足解消のためにノルディックウォーキング、はじめたよ!

1センチ単位で目盛りが付いているので、調整もしやすい!

運動不足解消のためにノルディックウォーキング、はじめたよ!

伸ばしすぎ危険!の印もちゃんと付いているので安心。

運動不足解消のためにノルディックウォーキング、はじめたよ!

 

実際体験した感想

最初は慣れるまで少し時間が必要ですが、慣れてしまえばスムーズに歩けます。
イメージとしては、足だけではなくポールで地面を押して前に進む感じ。

ポールを使うことで四足歩行になるので、一歩の歩幅も広がり、ウォーキングに比べて、歩くスピードも速くなります。

また、下半身だけではなく、ポールで地面を押すときに上半身の筋肉を使うので、上半身にも疲労感を感じます。

ウォーキングで1時間歩いても息が上がることはありませんでしたが、ノルディックウォーキングでは後半、息が上がってきて、有酸素運動を実感できます。

ノルディックウォーキングをした次の日、筋肉痛とまではいきませんが、普段使っていない筋肉を使った余韻を感じました。

ジョギングは全身への負荷も大きく、苦しさもあり大変ですが、ノルディックウォーキングは全身運動をしているとはいえ歩いていますから、体への負荷も少なく、心地良く運動している感覚です。

ノルディックウォーキングだったら、ぼくのように膝が悪かったり、足腰にあまり負担をかけられない方でも、簡単にエクササイズとして始めることができると思います。

 

唯一デメリットがあるとすれば…

ノルディックウォーキング人口が少ないだけに、人前で歩くのが少し恥ずかしいくらいですかね!

まとめ

ノルディックウォーキングは体への負担も少なく、手軽に始められるエクササイズとして運動不足解消や、気分のリフレッシュにちょうどいいです!

走るのとは違い、進むスピードもゆっくりなので、考え事をするにもちょうどいい!
ウォーキングをしながら、いろいろなアイディアが閃くのもウォーキングならでは!

苦しい運動はしたくないけど、心地良く運動したい方には本当にオススメなので是非一度試してみてください!

 

いきなりポールを買うのはためらわれる方は、体験会などもあるようなので、一度参加してみてはいかがでしょうか?

 

詳しくは日本ノルディックウォーキング協会総合体力研究所のサイトを見るとイメージしやすいですよ!