MENU

GooPass(グーパス)でカメラとレンズ借り放題!月額制のカメラ機材レンタルサービスを使ってみた!

2020 9/15
GooPass(グーパス)でカメラとレンズ借り放題!月額制のカメラ機材レンタルサービスを使ってみた!

こんにちは、フォトグラファーのKojiです。

写真を撮ってる人なら、いろいろなカメラやレンズを試してみたいなって思いませんか?

マチカドのアイコン画像マチカド

いろいろ使ってみたいけど、買うのは高いからなぁ…

Kojiのアイコン画像Koji

それならレンタルしてみたらどう?

いきなり買うのはハードルが高い。

でも、レンタルだったら買わずに気軽に使うことができますよね!

マチカドのアイコン画像マチカド

でもさ、レンタルって3泊4日とかだから、あっという間なんだよね。

Kojiのアイコン画像Koji

それなら、月額制で入れ替え放題のGooPass(グーパス)がおすすめだよ!

マチカドのアイコン画像マチカド

えっ、月額料金でカメラを入れ替え放題!?

5個でも?10個でも?

Kojiのアイコン画像Koji

そう、何個でもOK。

しかも、返却期限もないから、思う存分使いまくれる。

マチカドのアイコン画像マチカド

でも、そんないいサービスなら高いんでしょ?

Kojiのアイコン画像Koji

それが、日割り計算のレンタルサービスよりも圧倒的に安いんだ。

写真を撮ってる人なら知らないと損をする、コスパ最強のカメラのレンタルサービス。

それでは、月額定額制のカメラ・レンズ借り放題のGooPass(グーパス)について詳しく紹介していきたいと思います。

\ TRY NOW /

✔︎登録無料
✔︎送料無料
✔︎機材の数1,000種類以上

タップできる目次

GooPass(グーパス)とは?

GooPass(グーパス)は、月額の定額料金内でカメラやレンズをいくつでも、何回でも借り放題のカメラ機材レンタルサービスです。

気に入ったカメラやレンズは期間を気にせずに借りっぱなしで使い続けることできる新しいレンタルサービス。

使い方は簡単。

Webサイト上から借りたいカメラやレンズを選んで、送られてきたら使うだけ!

別のカメラが使いたくなったら…

今のレンタルしているカメラを返却

新しいカメラを借りる

という流れになります。

\ TRY NOW /

✔︎登録無料
✔︎送料無料
✔︎機材の数1,000種類以上

GooPass(グーパス)の料金

GooPass(グーパス)の料金は、機材別に全部で9パターンに分かれています。

プランが上がるほど、より多くの機材を選択できるようになります。

月額料金

パス月額料金利用できる機材のRank
Lv1パス5,800円(税込6,380円)Rank1のみ
Lv2パス9,800円(税込10,780円)Rank1〜2
Lv3パス13,800円(税込15,180円)Rank1〜3
Lv4パス17,800円(税込19,580円)Rank1〜4
Lv5パス23,800円(税込26,180円)Rank1〜5
Lv6パス29,800円(税込32,780円)Rank1〜6
Lv7パス39,800円(税込43,780円)Rank1〜7
Lv8パス49,800円(税込54,780円)Rank1〜8
Lv9パス79,800円(税込87,780円)Rank1〜9
※レンタルの有無に限らず定額料金
  • レンタルする商品が発送された時点から料金が発生する仕組みになっているので、登録するだけなら無料。
  • パス1つにつき、1つの商品をレンタルできます。パスを追加することで、最大2商品を同時に利用可能。

送料

送料無料。

※返却時は商品到着時に同梱されている着払い伝票を使用します。

梱包料

1配送ごとに1,500円(税抜)

送料は無料ですが、梱包料は必要。

ただし、毎月1回「梱包料無料チケット」が付与されるので、1回目は無料で利用できます。

\ TRY NOW /

✔︎登録無料
✔︎送料無料
✔︎機材の数1,000種類以上

GooPass(グーパス)の補償について

GooPass(グーパス)の機材には、補償が付いているので安心して使うことができます。

通常の使い方をしていて故障や破損してしまった場合は、修理費の負担はないので安心です。

もし、自分の過失でレンタルした機材を故障や破損させてしまった場合、修理費用は上限額までの負担となります。

修理が必要になった場合の料金は、Lv1は上限2,000年(税込)、Lv2〜Lv9は上限5,000年(税込)です。

機材のメーカーラインナップ

GooPass(グーパス)では、幅広いメーカーのカメラやレンズがラインナップ。

初心者用からプロ仕様の機材まで幅広い機材が揃っています。

カメラ

  • Canon
  • Nikon
  • SONY
  • FUJIFILM
  • OLYMPUS
  • Panasonic
  • PENTAX

レンズ

  • TAMRON
  • SIGMA
  • CarlZeiss
  • Kenko
  • COSINA

GoProなどのアクションカメラドローンのレンタルもできます。

\ TRY NOW /

✔︎登録無料
✔︎送料無料
✔︎機材の数1,000種類以上

GooPass(グーパス)のおすすめポイント

実際にGooPass(グーパス)を利用していて、ここはいい!と思ったポイントを紹介していきます。

定額料金でレンタルし放題

GooPass(グーパス)の最大のメリットは、月額内であればカメラ機材を何回入れ替えしても料金が変わらない点。

たくさんのカメラやレンズを片っ端から使ってみたい好奇心旺盛な方におすすめ!

  • 旅行やお出掛け用
  • 買う前のお試し用
  • 作品撮り用

幅広い目的にフィットした使い方ができます。

返却期限がない

多くのカメラレンタルサービスは「3泊4日」など使用期間が決められていますが、GooPass(グーパス)には決められた返却期限がありません。

旅行やお出掛け用に2〜3日レンタルした後、他の機材にチェンジするも良し、そのまま1ヶ月借りっぱなしでもOK!

気が済むまで思う存分カメラを使い倒すことができます。

料金が安い

GooPass(グーパス)は、カメラ機材をレンタルし放題なのに料金が安い!

通常のレンタルサービスだと3泊4日での料金設定が多いのですが、GooPass(グーパス)は月額料金。

他社のレンタル料金よりも圧倒的に安いです。

例えば、SONY(ソニー)のα6400をレンタルするとします。

下記の比較表を見てもらえればわかりますが、GooPass(グーパス)が圧倒的に安いです。

*表は横へスライドできます。

レンタルサービスレンタル期間レンタル料金1日あたり
rereレンタル3泊4日8,480円(税込)2,120円
rentio3泊4日8,980円(税込)2,245円
rentry3泊4日9,980円(税込)2,495円
GooPass1ヶ月使い放題10,780円(税込)348円

\ TRY NOW /

✔︎登録無料
✔︎送料無料
✔︎機材の数1,000種類以上

GooPass(グーパス)のいまいちポイント

実際にGooPass(グーパス)を利用していて、これはどうなん??と思ったポイントを紹介していきます。

レンタル中が多い(機材の数が少ない)

2019年7月に記事を公開した時は機材数が少なかったのですが、1年経った2020年7月現在、機材数はかなり充実してきました。

GooPass(グーパス)の最大の弱点は、商品の数が少ないこと。

人気のカメラは「レンタル中」と表示されていてレンタルすることができません。

定額でレンタルし放題は最高に嬉しいサービスなのですが、借りれる機材がなければ意味がありません

レンタルを希望するカメラを「借りたいリスト」に追加しておくと、返却された時に「レンタルできますよ〜」と通知メールを送ってくれます。

重要なのは会員登録は事前に済ませておくこと!登録だけなら無料

登録時に身分証の確認がありますが、承認まで少し時間が必要なので、通知メールが来てから会員登録していては出遅れます。

通知メールが来たら、すぐにレンタルできる準備を整えておきましょう。

借りっぱなしにできるメリットの反面、返却されなければいつまでもレンタルできないというデメリットがあります。

その為、旅行やお出かけに合わせてこの日に使いたい!などの計画的なレンタルはまずできないと思っていいでしょう。

複数の商品を同時にレンタルできない【解消されました】

1アカウントにつき、1商品しかレンタルできません。

レンタル中の商品を返却すると、次の商品をレンタルできるようになります。

その為、レンズキットをレンタルするのであれば不便はありませんが、カメラボディーのみ、レンズのみの商品も多く、カメラボディーとレンズをセットでレンタルすることができないので不便です。

返却しても検品が終わるまで次のレンタルができない

1アカウントにつき、1商品のみのレンタルが可能なので、当然商品の返却が確認されなければ次の商品はレンタルできない仕組みになっています。

それについて不満はありません、当然ですよね。

ただ、土・日・祝日の到着分は運営会社が休日なので検品されません。

これ、重要なのでもう一度言っておきますね!

土・日・祝日の到着分は運営会社が休日なので検品されません。

その為、返却のタイミングをちゃんと考えなければいけません。

実はたった今(7月15日)、商品を返却したのに検品されない状態にどハマりしています。。


7月12日(金)に商品の発送(返却)

7月13日(土)商品到着(ヤマトの追跡にて確認)

7月13日(土)未検品。

7月14日(日)未検品。。

7月15日(月・祝日)未検品。。。

スタンダードプラン(現Lv2パス)で契約しているので、1日のレンタル料金は341円換算。

3日間機材を遊ばせてしまったので、1,023円ムダにした計算になります。

返却機材は土・日・祝日以外に到着するように返却しましょう!

\ TRY NOW /

✔︎登録無料
✔︎送料無料
✔︎機材の数1,000種類以上

GooPass(グーパス)を利用すべき人はこんな人

  • 使いたい機材がラインナップされている
  • いろいろなカメラやレンズを試してみたい方
  • 返却期限を気にせず、思う存分使ってみたい方
  • すでに自分でカメラのボディーやレンズを持っていて、購入予定の商品の使い心地を確認したい方

1アカウントにつき1商品しかレンタルできないので、レンズキットは別にして、自分が持っていないメーカーの商品を単品でしかレンタルできないのは正直に言って微妙です。→【解消されました】

GooPass(グーパス)の評判

GooPass(グーパス)を利用したことがある人の声を集めてみました。

やっぱり、リアルな声って気になりますよね。

 

悪い評価が見つからないくらい、GooPass(グーパス)の評価は高いですね。

\ TRY NOW /

✔︎登録無料
✔︎送料無料
✔︎機材の数1,000種類以上

実際にレンタルしてみました

GooPass(グーパス)を実際にレンタルしてみました。

Webサイト上から借りたいカメラやレンズを選んで注文。

今回はオリンパスのミラーレスカメラ・ PEN E-PL9 ダブルズームキットをレンタルしてみました。

画面の到着予定日よりも早く到着しました。

cameloveって会社なので📷🖤なデザイン。

開封するとこんな感じ。

機材が入っている箱がそのまま返却用の箱になっていて、返却用の着払い伝票もあらかじめ貼り付けてあります。

中には機材とご利用ガイドブックが入っています。

箱の上蓋には注意点が書いてあります。

緩衝材のフィルムや、ダンボール箱は返却時に使用するから捨てないでくださいね。

ご利用ガイドはわかりやすく書いてあるので、ちゃんと目を通しておきましょう。

機材は緩衝材でピタッと梱包されています。

緩衝材は返却時に使用するので、破かないように取り出します。

緩衝材から取り出すとこんな感じ。

今回はダブルズームキットなので、カメラボディーとレンズ2本。

カメララップ(カメラを包むクッション風呂敷)の中にはカメラのボディーとGooPassのポーチが入っていました。

ポーチの中身は充電器と機材のチェックリスト。

機材返却時は送り忘れがないように、チェックリストを確認しながら梱包するようにしましょう。

OLYMPUS PEN E-PL9 ダブルズームキットです。

あとは思う存分撮影を楽しみましょう!

まとめ

ラインナップも幅広く、月額制で借り放題なのは本当に画期的なサービスです。

まさかカメラのレンタル業界にサブスクが誕生するとは思いませんでした。

GooPass(グーパス)の上手い使い方は、これを長期間使いたい!という機材をあらかじめチェックしておいて、狙い撃ちでレンタルするのがベストかなと思います。

今回レンタルしたOLYMPUS PEN E-PL9 ダブルズームキットも人気商品なので、返却されたタイミングを狙って注文しました。(機材が発送された時点から料金が発生します。)

次に借りる機材は人気がない機材がおすすめ!

返却してから、次のレンタルまでがスムーズです。

機材をレンタルしていない間も定額料金が発生しています。

機材のレンタルは計画的行うのがポイントです。

改善点が多く、正直このサービスが長く続くかどうかは謎ではありますが、使い方によってはめちゃくちゃ使えるレンタルサービスです。→使い始めてから1年ほど経ちますが、サービスが進化してどんどん使いやすくなっています。

自分の使いたい機材さえラインナップされていれば、他のレンタルサービスを利用するよりも圧倒的に安く、期間を気にせずに使えるのが嬉しいです。

GooPass(グーパス)いいじゃん!と思った方はぜひ利用してみてください。

度使ってみたらGooPass(グーパス)の便利さを実感します!

僕は上手いこと使いこなしたいと思います!→めちゃくちゃ便利に使わせてもらってます。

タップできる目次
閉じる