無印良品のリュックサックをアレンジしてカメラバッグにしちゃう方法

無印良品のリュックサックをアレンジしてカメラバッグにしちゃう方法




コンパクトなミラーレスカメラを使っているのに、わざわざ大きくてごっついカメラバッグを持ち歩きたくありませんよね?

 

僕が持ち歩いてるカメラは富士フイルムのX-T2というミラーレスカメラ。

とても軽くてコンパクトです。

レンズも1つ200g~300g程度なので、わざわざカメラバッグに入れて持ち歩くほどの荷物にはなりません。

 

でも、、

  • 複数のレンズを持っていきたい。
  • 三脚も持っていきたい。
  • 写真を撮らない時はカメラをバッグにしまいたい。

 

カメラを入れるバッグは欲しいけど、大きくてごっついカメラバッグはいらない。

普段使いのバッグにカメラが入れられたら便利なのにな〜と思っていました。

 

 

そこで見つけましたよ!

日本全国、どこにいても手に入れることができて、しかも普段使いできるカメラバッグを!

 

それは、、

無印良品の肩の負担を軽くする 撥水 リュックサックにカメラ用品のインナーボックスを組み合わせてカメラバッグにすることです!

 

まずは無印良品のリュックサックについて

無印良品のリュックサックをアレンジしてカメラバッグにしちゃう方法

引用:無印良品

 

*表は横へスライドできます。

メーカー 無印良品
サイズ 縦43cm×横32cm×マチ14cm
素材・混率 ・表地:ポリエステル100%
・裏地:ポリエステル100%
・メッシュ部分:ポリエステル100%
ポケット数 5
最大積載量(目安) 25.7リットル
開閉式 ファスナー
ショルダー調整可否
耐荷重 約20kg
PC収納可否
本体重量 460g
カラー 黒・ネイビー
価格 2,990円(税込)

 

無印良品らしくシンプルだけど、ポケットも多くて、撥水加工もされている。

しかも、PCまで収納できて、特許を取ったショルダーパッドが肩の負担を軽くしてくれる優れもの!

お値段はたったの2,990円(税込)!!

無印良品週間の期間中(メンバー限定10%OFF)に買えば2,691円(税込)で買えちゃいます!

無印良品のリュックサックがおすすめなのはわかったけど、カメラバックじゃなくない?
コウジ
そう、よく気が付いたね!

これから無印良品のリュックサックをカメラバッグにする方法を紹介するよ!

 

リュックの中にインナーボックスを入れて使う

カメラをリュックの中に入れるだけだと、、

  • カメラがリュックの中で暴れまわって壊れないか心配。
  • 他の物とぶつかって傷がつく。
  • ホコリまみれになってしまう。

 

これではカメラを安心してリュックに入れておくことは出来ませんよね。

そんな時に便利なのがカメラ用品のインナーボックスです!

 

◉ETSUMI インナーボックス モジュールクッションボックスA

 

インナーボックスの詳細はこんな感じ。

メーカー ETSUMI(エツミ)
外寸 高さ18cm×横幅21cm×マチ12cm
内寸 高さ17cm×横幅19cm×マチ10cm
中仕切 2枚
重量 160g
カラー ブラックオレンジ・レッド・グレー

 

ETSUMIのインナーボックスは大きさの種類がたくさんあって、今回紹介するのは無印良品のリュックにインナーボックスと三脚(SLIK・エアリーL100)がちょうど収まるサイズです。

たくさん種類がある中からよくベストなサイズを見つけたね?
コウジ
ヨドバシカメラの店頭で念入りにフィッティングして選び抜いたからね!

 

リュックの横幅をめいいっぱい使いたい場合はクッションボックスロング辺りがちょうど良さそう。(インナーボックスの方が1cm大きいから、一度試してみてから購入することをおすすめします。)

自分好みの大きさを選びたい方はETSUMIのサイトへどうぞ。

 

インナーボックス モジュールクッションボックスAは巾着式で開閉できるタイプ。

リュックが黒で、インナーボックスも黒、カメラもレンズも黒だと、リュックの中で探しずらそうなので、あえて明るい色のインナーボックスを選んで色のコントラストをつけました。

 

カメラバッグに固定するためのベロクロテープ付。

無印良品のリュック以外で使う場合に便利です。

 

それでは巾着を開けてみましょう。

まずは巾着が締まっている状態。
↓↓↓

 

巾着を開けた状態。
↓↓↓

仕切が2枚ついているので、3つの空間に分けることができます。

 

インナーボックスにカメラを入れてみる

レンズ付きのボディ1台とレンズ2本を入れてみます。

  1. 富士フイルム X-T2(ミラーレスカメラ)+ フジノンレンズ XF23mm F1.4 R
  2. フジノンレンズ XF18-55mm F2.8-4 R LM OIS
  3. フジノンレンズ XF35mm F1.4 R

 

例えば、両サイドにレンズを1本ずつ入れて、、

中央にレンズ付きのカメラを入れます。

ミラーレス一眼のコンパクトさにジャストフィットする大きさのインナーバッグ。

 

すぐカメラを取り出したい時は巾着を開けっ放しにしておいてもいいですし、

移動中でカメラが暴れる心配のある時や、

リュックに入れている他の物からカメラを守りたい時は巾着を締めておくのもいいでしょう。

 

無印のリュックにインナーボックスをセッテイングする

無印良品のリュックを用意。

※写真のリュックは旧製品です。(大きさは肩の負担を軽くする 撥水 リュックサックと同じです。)

 

リュックの中にインナーボックスを入れます。

チュックの幅は32cm、インナーボックスの幅は21cmなので、10cm程の空間を空けてセッテイングします。

 

10cm空けたところに三脚(SLIK・エアリーL100)を入れます。

三脚は重さでななめになるので、リュックの中で程よく収まります。

●無印良品のリュックサックにも入るコンパクトで軽い三脚を探している方はこちらの記事もおすすめです。

まとめ:普段使いしている無印良品のリュックサックがカメラバッグとして使えるようになりました

普段使いしていた無印良品のリュックサック。

シンプルだけど最低限の機能性はちゃんとあって使えるヤツ。

カメラも三脚も入って、普通の荷物も入れつつ普段使いできるカメラバッグが欲しいな〜から、無印良品のリュックサックのカメラバッグ化を思いつきました。

 

ごっついカメラバッグは持ちたくない。

でも、気軽に持てるカメラバッグがあったら便利だな〜、を無印良品のリュックサックで叶えることができました。

 

カメラを持ち歩かない時はインナーバッグを取り出せば、いつも通りの無印のリュック。

今日はカメラを持って出かけたいな〜って思ったらインナーバッグを入れてカメラバッグに。

 

5000円以下で普段使いバッグとカメラバッグの両方が手に入ってしまいます。

気軽に持てる無印良品のカメラバッグ、おすすめです!

 

◉無印良品の肩の負担を軽くする 撥水 リュックサック


引用:無印良品

●カメラバッグに見えないおしゃれなカメラバッグに興味がある方はこちらの記事もおすすめです。