【実写レビュー】SIGMA16mm F1.4 DC DN | Contemporary

【実写レビュー】SIGMA16mm F1.4 DC DN | Contemporary




ミラーレス一眼を買って、スマホでは撮れないような写真をたくさん撮るぞ!と思って写真を撮り始めてみたけれど、

Koji
思ってたみたいにボケが綺麗な写真が撮れない…
って思っていませんか?

 

でも、それはカメラやあなたの腕の問題ではなく、レンズの問題なんです!

 

そんなあなたにおすすめしたいレンズがSIGMA(シグマ)の単焦点レンズ「SIGMA 16mm F1.4 DC DN | Contemporaryです。

【実写レビュー】SIGMA 16mm F1.4 DC DN | Contemporary

 

画質はシャープでクリア、綺麗にボケるのに価格は安い、高級感もあるから所有感も満たしてくれる、まさにお得感たっぷりのレンズなんです。

 

SIGMA 16mm F1.4 DC DNを装着して、今までと同じように写真を撮るだけで、

Koji
えっ、同じカメラで撮った写真!?
って驚くこと間違いなしです。

 

しかも、カメラメーカーのレンズではないので、

などのカメラで使用することができます。

 

それでは「SIGMA 16mm F1.4 DC DNについて詳しく紹介していきます!

▶︎SONY・Eマウント用

▶︎Canon・EF-Mマウント用

▶︎マイクロフォーサーズ(オリンパス・パナソニック)用

SIGMA 16mm F1.4 DC DNのスペック

このレンズはカメラメーカーの純正レンズではなく、SIGMA(シグマ)というレンズメーカーのレンズ。

純正レンズよりも価格は安く、なおかつ純正レンズをも凌ぐ描写力が評価されている日本のレンズメーカーです。

 

SIGMA 16mm F1.4 DC DNは広角レンズといって、人間の視野よりも広い見え方で写真を撮ることができるレンズです

主に風景写真や室内などの限られたスペース、大人数での集合写真など、広い範囲を撮影するシチュエーションを得意とするレンズ。

SIGMA 16mm F1.4 DC DNのスペックは以下の通り。

 

*表は横へスライドできます。

SIGMA 16mm F1.4 DC DN | Contemporary
焦点距離
ソニー Eマウント 35mm判換算:24mm相当の画角
キヤノン EF-Mマウント 35mm判換算:25.6mm相当の画角
マイクロフォーサーズ 35mm判換算:32mm相当の画角
レンズ構成枚数 13群16枚
絞り羽根枚数 9枚 (円形絞り)
絞り値 F1.4〜F16
最短撮影距離 25cm
手ぶれ補正 なし
フィルターサイズ 67㎜
最大径 × 長さ ソニー Eマウント φ72.2mm × 92.3mm
キヤノン EF-Mマウント φ72.2mm × 92.3mm
マイクロフォーサーズ φ72.2mm × 91.1mm
重さ ソニー Eマウント 405g
キヤノン EF-Mマウント 405g
マイクロフォーサーズ 395g

 

SIGMA 16mm F1.4 DC DNの外観と使用感

写真はキヤノン EF-Mマウント用のレンズです。

SIGMAのレンズは無駄なものが削ぎ落とされていてシンプル&スタイリッシュなデザイン。

高級感のある作りが所有感を満たしてくれます。

 

付属品でレンズフードも付いています。

装着するとこんな感じ。

 

レンズの長さは約92mm、重さは約400gと軽くてコンパクト。

 

「EOS Kiss M」に装着するとこんな感じ。

「EOS Kiss M」と合わせると重さは約800g、適度な長さがあり「EOS Kiss M」のようにグリップの持ちやすいカメラとの相性はとても良いです。

 

オートフォーカスのスピードは速く、キットレンズに比べて光をたくさん取り込めるレンズ(開放がF1.4)なので、暗い室内や夕暮れ時、夜景などを撮影する場合にも使いやすいです

また、最短25cmまで近づけるので、被写体にぐっと寄りつつ、背景を写し込んだ写真を撮ることができます。

▶︎SONY・Eマウント用

▶︎Canon・EF-Mマウント用

▶︎マイクロフォーサーズ(オリンパス・パナソニック)用

 

▶︎レンズフィルターは67mm

 

おすすめポイント

画質がいい

SIGMA 16mm F1.4 DC DNのおすすめポイントは何と言ってもシャープでクリアな写りとボケの綺麗さを兼ねあわせたメリハリのある写り

SIGMA 16mm F1.4 DC DNで撮影した写真はピントを合わせた被写体はキリッと、それ以外はふわっとボケて、被写体が浮かび上がります。

 

写真は川沿いにあった錆びた看板です。

 

この写真は上の看板の写真を100%の大きさに拡大表示したものです。

鉄が劣化して、錆でザラザラになっている様子が鮮明に描写されています。

SIGMAレンズのハイクオリティな設計だからこそのシャープな描写です。

 

価格が安い

SIGMA 16mm F1.4 DC DNはSIGMAのContemporaryラインです。

Contemporaryラインとは?

最新のテクノロジーを投入、高い光学性能とコンパクトネスの両立で、幅広い撮影シーンに対応するハイパフォーマンス・ライン

引用:SIGMA

SIGMAにはContemporaryラインの上にartラインがありますが、Contemporaryラインは高性能だけどコスパの良い製品だと思ってもらえればわかりやすいです。

Koji
このレンズはartラインでもいいのでは?というクオリティ!

 

複数のカメラメーカーで使用できる

冒頭でも触れましたが、SIGMA(シグマ)はカメラメーカーではなくレンズメーカーなので、

あなたが持っているメーカーのカメラで使用することができます。

 

それとSIGMAならではのサービスはマウント交換ができること。

もしSONYのカメラを使っていたけど、Canonのカメラに乗り換えた場合、再度Canon用のレンズを購入する必要があると思いますよね?

でも、 そこはさすがレンズメーカー!

SIGMAならマウントを交換すれば同じレンズのままCanonのカメラで使用できます!

 

SIGMAのレンズのマウント交換についての詳細はこちら→マウント交換サービス

 

使用できるカメラ一覧

現行のカメラ一覧表です。

表以外の旧製品にも使用できます。

 

*表は横へスライドできます。

ソニー(Eマウント) キヤノン(EF-Mマウント) オリンパス 
(マイクロフォーサーズ)
パナソニック
(マイクロフォーサーズ)
α6600 EOS M5 E-M1X DC-GH5
α6500 EOS M6 E-M1 Mark III DC-GH5S
α6400 EOS M6 Mark II E-M1 Mark II DC-G9
α6100 EOS Kiss M E-M5 Mark III DC-G99
α6000 EOS M100 E-M5 Mark II DC-GX7MK3
α5100 EOS M200 E-M10 Mark III DMC-G8
E-M10 Mark II DC-GF10・DC-GF90
PEN-F DC-GF9
E-PL10
E-PL9

 

いまいちポイント

歪みがある

SIGMA 16mm F1.4 DC DNはレンズの構造上、若干歪んで写ります。

こちらの写真をご覧ください。

【実写レビュー】SIGMA16mm F1.4 DC DN | Contemporary【実写レビュー】SIGMA16mm F1.4 DC DN | Contemporary

真ん中のバーを右側に持っていけば、歪んでいる状態。

バーを左側に持っていけば、歪みを補正した状態です。

 

風景や人物を撮影する場合などは気付かないかもしれませんが、建物や室内などで直線があるものを撮影する時に歪みを感じます。

 

ただし!

カメラに「歪曲収差補正」機能が付いていれば、カメラ側で自動的に歪みを補正してくれますので心配する必要はありません。

RAWで撮影する場合は歪みがある状態なので、Lighitroom等の現像ソフトで補正しましょう。

 

フリンジが発生する

絞りは開放付近で、逆光気味で明暗差の大きい被写体の場合にパープルフリンジが発生します。

こちらの写真をご覧ください。

【実写レビュー】SIGMA16mm F1.4 DC DN | Contemporary【実写レビュー】SIGMA16mm F1.4 DC DN | Contemporary

真ん中のバーを右に持っていけば、パープルフリンジが発生している状態。

赤い矢印でわかりやすくしています。

バーを左に持っていけば、パープルフリンジを補正した状態です。

パープルフリンジも歪みと同様にLighitroom等の現像ソフトで補正できます。

 

まとめ:ハイクオリティでコスパ最高!

F1.4の大口径レンズでハイクオリティな写りと、買いやすいコスパのいい価格。

ズームレンズでは絶対に表現できない世界を写真に写すことができます。

いまいちポイントは補正でカバーできるので、死角なしのおすすめレンズです。

 

▶︎SONY・Eマウント用はこちら

 

▶︎Canon・EF-Mマウント用はこちら

 

▶︎マイクロフォーサーズ(オリンパス・パナソニック)用はこちら