東京・お台場|チームラボ ボーダレス(teamLab Borderless)

東京・お台場|チームラボ ボーダレス(teamLab Borderless)




東京・お台場に2018年6月21日にオープンした「MORI Building DIGITAL ART MUSEUM: EPSON teamLab Borderless」。

通称チームラボ ボーダレス

チームラボは企画展の印象が強いですが、 チームラボ  ボーダレスはなんと常設展なんです!

 

以前、ラジオにチームラボ代表の猪子寿之さんが出演されていて、チームラボ  ボーダレスについて、

「企画展ではチームラボの作品群をまとめてひとつの世界にするのが難しかったので、常設展という形で実現させることができました。」

みたいなことを話していて、まだチームラボ未体験だった僕はとてもワクワクさせられました。

 

チームラボ ボーダレスとは

アートは、部屋から出て移動し始め、他の作品とコミュニケーションし、他の作品と境界がなく、時には混ざり合う。そのような作品群による、境界のない1つの世界、『チームラボ ボーダレス』。

境界のないアートに自らの身体を没入させ、作品群からできた世界を自らの身体で探索し、他者と共に新しい体験を創り出していきます。

520台のコンピューター、470台のプロジェクター、10,000㎡の圧倒的なスケール感と、複雑で立体的な空間が特徴の世界に類を見ない全く新しい世界です。

引用:MORI Building DIGITAL ART MUSEUM:EPSON teamLab Borderless

基本情報

期間 2018年6月21日〜常設
時間(通常)
  • 月~木、日・祝日 10:00- 19:00
  • 金、土、祝前日 10:00- 21:00

※最終入館は閉館の1時間前まで。
※営業時間はシーズンによって異なる。

休館日
第2・第4火曜日
住所 東京都江東区青海1-3-8 (お台場パレットタウン)
料金
  • 大人(高校生以上):15才~ ¥3,200
  • 小人(中学生以下):4~14才 ¥1,000
チケットの購入 https://ticket.teamlab.art
アクセス
  • りんかい線 東京テレポート駅 徒歩5分
  • 新交通ゆりかもめ 青海駅 徒歩5分
    *MEGA WEBを通り、パレットタウン大観覧車下。

 

詳しい話は写真の後だ、まずはボーダレスの世界を見て欲しい

東京・お台場|チームラボ ボーダレス(teamLab Borderless) 東京・お台場|チームラボ ボーダレス 東京・お台場|チームラボ ボーダレス 東京・お台場|チームラボ ボーダレス 東京・お台場|チームラボ ボーダレス 東京・お台場|チームラボ ボーダレス 東京・お台場|チームラボ ボーダレス 東京・お台場|チームラボ ボーダレス 東京・お台場|チームラボ ボーダレス 東京・お台場|チームラボ ボーダレス 東京・お台場|チームラボ ボーダレス 東京・お台場|チームラボ ボーダレス 東京・お台場|チームラボ ボーダレス 東京・お台場|チームラボ ボーダレス 東京・お台場|チームラボ ボーダレス 東京・お台場|チームラボ ボーダレス 東京・お台場|チームラボ ボーダレス 東京・お台場|チームラボ ボーダレス(teamLab Borderless) 東京・お台場|チームラボ ボーダレス 東京・お台場|チームラボ ボーダレス

 

カメラマン目線のチームラボ ボーダレス

使用カメラ
  1. Canon5Dmark4
  2. EF24-70mm F2.8L II USM

ミュージアム内は写真・動画撮影OK

ミュージアム内は写真・動画撮影OKですが、三脚・自撮り棒の使用、フラッシュ撮影はNGです。

 

ミュージアム内はかなり暗い

そう、ミュージアム内は本当に暗いです。
しかし、三脚の使用や、フラッシュ撮影はNG。

僕の撮影データは大体…

  • ISO10000〜25600
  • F2.8
  • 1/30〜1/125

で撮影しています。

 

カメラ一台で身軽に動きたかったので、5D4に24-70mmのみで撮影しましたが、正直、 F2.8のレンズでは暗いと感じました。(でも、高感度に強いカメラならF2.8でも大丈夫です!)

 

タカヤナギが考えるベストカメラとレンズ

  1. カメラは高感度に強く、暗所でのAFが強い方がいい。(ちなみに使用した5D4は測距輝度範囲EV-3まで対応しており、AFに不満はなかった。)
  2. 24mm F1.4→広角は使用頻度高いです!
    空間撮影用(28mmでもいいが、35mmでは狭いと思う)
  3. 50mm F1.4→50mmがあればなんでも撮れる

 

ボーダレスにベストな服装

写真映えするベストな色は白

ボーダレスの作品を一番活かす色は白です。

白い服を真っ白なスクリーンだと思ってください。

ボーダレスの色彩鮮やかな作品と一体化した写真を撮りたい、もしくは友達、恋人、家族等、被写体に作品を投影した写真が撮りたいのであれば、白い服がオススメします。

 

白でなければ黒。
ミュージアム内の壁も黒だし、黒は作品に溶け込み、明るい場所では黒の存在感で逆に引き立つ。
チームラボの動画を見てみると、たけしだったりローラだったり、その他のモデルも黒を着てますね。

写真映えを意識するなら、シンプルな服装がいいですね。

 

スカートはオススメしません

ちなみに女性の場合…

パンチラの危険性があるのでスカートはオススメしません。

東京・お台場|チームラボ ボーダレス(teamLab Borderless)

ミュージアム内には床が鏡面になっている場所もあるのでご注意ください!

 

靴はヒール以外にしましょう

チームラボ ボーダレスは特に決められた順路はありません。
あっちへ行ったり、こっちへ行ったり、戻ってみたり、迷ったりして、それがボーダレスの醍醐味なのですが、 そのぶんミュージアム内をかなり歩くことになります。

それに床は常に平面ではなく、段差や凹凸のある場所、クッションなところもあったり、階段もあるし、アスレチックやトランポリンな作品まであります。

ボーダレスを楽しみたいのであれば、動きやすい靴がオススメです!

 

チケットは事前購入すべき

平日でもチケットの売り切れている状況なので、当日券ではなく、事前にチケットを購入しておくことをオススメします。

 

ボーダレスの混雑状況

僕は月曜日の13時半頃に会場に着きましたが、待ち時間はなくすんなりと入場することができました。
館内の混み具合もほどほどで、特に混雑している印象はありません。

 

ただ、2作品のみ待ち時間がありました。

  1. The Way of the Sea, そして浮遊する巣→60〜90分待ち

  2. 呼応するランプの森 – ワンストローク, Fire→40分待ち

しかもこの2つの作品に関しては、夕方に近付くにつれて行列が伸びていきました。
この2つを体験したいのであれば時間に余裕を持って入場しましょう。

 

ボーダレスの所要時間

僕は5時間楽しみました。あっという間でした。

ボーダレスに行った方のレビューを見ていると平均4時間位は楽しんでいる感じ。

 

よくネット上で目にしたのが 空いている夕方17時頃からがオススメ!みたいに書いてあったりしますが、平日は19時閉館なので、ゆっくりじっくり楽しみたい方は17時に入るようではまったく時間が足りません!!

 

ボーダレスは1日のチケット販売数を制限しているので、身動きが取れなくなるほど人が多くなることはないと思いますが、できるだけ時間に余裕を持って入場することをオススメします。

 

大きな荷物は事前にコインロッカーヘ預けておく

ボーダレスの会場にコインロッカーはありますが、小さな手荷物用サイズです。(100円が必要ですが、返却式です。)

ロッカールームの横に荷物置場があり、そこに大きな荷物は置けますがさすがに貴重品を置いておくのは怖いです。(ベビーカーなどはそちらへどうぞ。)

会場周辺のコインロッカー

大きな荷物は会場周辺のロッカーに預けることになります。

  1. ゆりかもめ青海駅→詳しくは「青海駅(ゆりかもめ)コインロッカー最新情報!荷物を預けて手ぶら観光しよう!」
  2. りんかい線東京テレポート駅→詳しくは「【東京テレポート駅 りんかい線】コインロッカー場所マップ」
  3. ヴィーナスフォート内→詳しくは「コインロッカーお台場VenusFortヴィーナスフォート」

 

僕は東京テレポート駅の中サイズのロッカーを使用しましたが、平日12時半の時点で最後のひとつでした、あぶねー!

ということで、時間やタイミングによってはロッカー難民になります。
いや、土日祝日は高い確率でにロッカー難民になると思われます。
大きな荷物はできるだけ持っていかない方がいいです。

 

ちゃんとした傘立てあります

会場内のロッカーは数も多いし無料でありがたいけど、傘立てもちゃんとしたのあります!

東京・お台場|チームラボ ボーダレス(teamLab Borderless)

暗証番号式なので、わざわざ鍵を持ち歩かなくても大丈夫、大事な傘でも安心です!
暗証番号だけお忘れなく!

 

まとめ

初めて体験したチームラボ作品でしたが、あっという間に5時間経っていた、という感覚。
まさに没入空間!!

これは純粋に写真だけ撮りに行っても楽しそうです。
また、豊洲ではチームラボ プラネッツ TOKYOが2020年まで限定開催されているので、そちらにも足を運んでみようと思います。

チームラボ ボーダレス、オススメです!

 

今回のカメラとレンズ