ユニクロのセルフレジが簡単、早い、楽すぎる!写真付きで使い方を紹介!




10月下旬、だいぶ寒くなってきた今日この頃。

もこもこパーカーが限定価格で販売されていることを知り、仕事帰りに池袋サンシャイン60通り店に行ってきました。

 

お目当のもこもこパーカーとヒートテックを手に取り、いざレジへ!

池袋の繁華街の大型店舗でも平日の夕方はとても空いています。

4Fのメンズフロアのレジなんて、お客さんもいなければ店員さんもいない。。

 

ん??

よく見るとセルフレジでした!

今までセルフレジを使った経験がほとんどないのでドキドキしましたがトライしてみました!

 

早速セルフレジを使ってみた感想は…

セルフレジめっちゃ楽〜!早い〜!!

 

これはセルフレジが未経験のひとにも、レジが混雑していて待つのが嫌!って人にもぜひ使ってみてもらいたい!と思ったのでユニクロのセルフレジの使い方をレポートします!

 

◉セルフレジがモデルチェンジして現金払いにも対応した機種も誕生したので、現金で買い物をしたい人はこちらの記事も併せてご覧ください

 

セルフレジの利用条件

  1. 支払いはクレジットカードのみ利用可能
  2. 税込み3万円以下の買い物であること
  3. パンツの裾上げはしない
  4. ギフト包装しない
以上、4点が問題なければ、レッツセルフレジ!

 

セルフレジの使い方

セルフレジはレジ部分と商品読み取り部分に分かれています。

 

商品を赤い場所に置く

商品を赤い場所に置きます。

ハンガーのある商品は外して置きます。

 

ユニクロのセルフレジが簡単、早い、楽すぎる!写真付きで使い方を紹介!

こんな感じで置きます。

 

アプリ会員の人は会員バーコードをスキャンする

アプリ会員の人は会員バーコードをスキャンしましょう。

買い物の時に会員バーコードをスキャンすると、アプリで買い物履歴が確認できるので便利ですよ!

 

商品を確認する

置いた商品が読み込まれてレジに表示されます。

最初パーカーは読み込んでもらえませんでしたが、荷札を動かしてみたらすぐに読み込んでもらえたので、うまくいかなかったら少し荷札を動かしてみたらいいと思います。

商品を確認できたら支払い画面へ。

 

ちなみに、、

これはどんな仕組みで商品を読み込んでるんだろう?って疑問に思いませんか?

調べてみたんですが、どうやらRFID(ICタグ)というものを利用して、電波で一気に商品をスキャンする仕組みのようです。

小さなIC(集積回路)チップが荷札に内蔵されてるんですって!

荷札をよくよく見てみると…

ホントだ!!

めっちゃ小さく書いてある!

このシステムが色々なところで使われるようになれば、もっと便利になりますね!

 

クレジットカードで支払いをする

支払いにはVISA、Mastercard、JCB、AMERICAN EXPRESS、Diners Clubのクレジットカードが使用できます。

ここで領収証が必要な場合は「領収証」ボタンを、割引クーポンがあれば「クーポン」ボタンを押すこともできます。

クレジットカードで決済するとレシートが出てきます。

「領収証」ボタンを押しているとレシートと一緒に領収書も出ます。

 

商品を袋に詰める

あとは商品を袋に入れて持ち帰るだけです。

少量の買い物だったら、ささっと袋に入れるだけなので楽ちんです。

 

まとめ:セルフレジは簡単で早くて楽でした!

今回初めてユニクロのセルフレジを使ってみました。

最初はスムーズにできるかな?ってちょっと不安な部分もありましたが、画面の案内通り進めていけば簡単に支払いまで済ますことができました。

 

たくさん買い物をするのであれば、たたむ手間を考えると有人のレジの方が楽かもしれませんが、少量を買い物する場合や、有人レジが行列していて、セルフレジが空いている場合は断然セルフレジの方が早いと思います!

ただクレジットカードでしか支払いができないので、もっとたくさんの人が利用できるように現金や電子マネーに対応したらもっと便利になりますね。(→現金払いにも対応したセルフレジが導入されました!

 

ぜひ、ユニクロに行ったらセルフレジを使ってみてください。

今後セルフレジがある店舗では積極的に使っていきたいと思います!

 

◉セルフレジがモデルチェンジして現金払いにも対応した機種も誕生したので、現金で買い物をしたい人はこちらの記事も併せてご覧ください。

 

◉ファミレスのガストでもセルフレジが使用できるので、簡単に素早く支払いを済ませたい方はこちらも併せてご覧ください。

 

以上、「ユニクロのセルフレジが簡単、早い、楽すぎる!写真付きで使い方を紹介!」でした。