MENU

カメラのレンタルもサブスクの時代!GooPass(グーパス)とCAMERA RENT(カメラレント)使えるのはどっちだ!?

2020 8/02
カメラのレンタルもサブスクの時代!GooPass(グーパス)とCAMERA RENT(カメラレント)使えるのはどっちだ!?
マチカドのアイコン画像マチカド

カメラ機材にもサブスクってあるの?

Kojiのアイコン画像Koji

おすすめの定額制カメラレンタルサービスがあるから紹介するね!

この記事では、月額定額制でカメラ機材をレンタルし放題できるサブスクリプションサービスの【GooPass(グーパス)】と【CAMERA RENT(カメラレント)】について詳しく紹介していきたいと思います。

2つのサービスをおおまかに説明すると

GooPass(グーパス)
→料金設定が幅広く、カメラを入れ替えて複数の機材を使いたい人におすすめ

CAMERA RENT(カメラレント)
→GooPass(グーパス)よりも料金が安く、1つの機材をじっくり使いたい人におすすめ

2つのサービスのいいとこ取りするのがベスト!

といった感じ。

それでは2つのサービスについて詳しく紹介していきます。

タップできる目次

カメラを定額制でレンタルし放題

近年一般化してきているサブスクリプションサービス。

サブスクリプションサービス(サブスク)とは、毎月定額料金で提供されているサービスを使い放題できるサービスです。

サブスクで身近なのは動画と音楽です。

例えば、動画であれば

Amazonプライムビデオ
・Netflix(ネットフリックス)
・Hulu(フールー)

音楽であれば

・Amazon Music Unlimited
・Spotify
・Apple Music

などが有名ですね。

カメラ機材のサブスクは「GooPass(グーパス)」が2018年11月に開始したのが始まりです。

そして約1年後、「CAMERA RENT(カメラレント)」が同様のサービスを開始します。

マチカドのアイコン画像マチカド

今までは2泊3日とかでしかレンタルできなかったもんね!

Kojiのアイコン画像Koji

カメラ機材のサブスク誕生は本当に画期的だった!

定額制でカメラをレンタルするメリット

  • 定額でカメラもレンズも使い放題
  • いろいろのメーカーのカメラを楽しめる
  • 通常のレンタルサービスに比べて、料金が圧倒的に安い
  • 購入前に実際に使ってみて試すことができる
  • 返却期限をがないので思う存分使える

定額制でカメラをレンタルするデメリット

  • 借りる機材によっては割高
  • 限られた商品をシェアするため、借りたい機材が借りにくいことがある

【GooPass(グーパス)】の料金

GooPass(グーパス)の料金プランは全6プラン。

プランが上がるほど、よりグレードの高いカメラやレンズを選択できるようになります。

プラン月額料金
Lv1パス5,800円(税込6,380円)
Lv2パス9,800円(税込10,780円)
Lv3パス13,800円(税込15,180円)
Lv4パス17,800円(税込19,580円)
Lv5パス23,800円(税込26,180円)
Lv6パス29,800円(税込32,780円)

【GooPass(グーパス)】のおすすめポイント

引用:GooPass

まずはGooPass(グーパス)について。

GooPass(グーパス)は2018年11月、カメラやレンズ、ドローン、アクションカメラ、などのカメラ機材を月額定額制でレンタルし放題できるサブスクリプションサービスを始めた先駆者。

新商品も含めた1,000種類以上のカメラ機材を取り扱っています。

使い方は簡単。

Webサイト上からレンタルしたいカメラやレンズを選んで、手元に届いたら使う。

使い終わったら、送り返して、レンタル完了!

それでは、CANERA RENT(カメラレント)と比較して、GooPass(グーパス)のほうがおすすめできるポイントを紹介していきます。

1.何度でも機材入れ替えOK

レンタルできるのはプランごとに1点までですが、返却することで何度でも機材の入れ替えが可能です。

ただし、別途で梱包手数料(税込1,650円)が必要になります。(梱包料無料チケット使用分は無料)

CANERA RENT(カメラレント)は、1ヶ月に1点の機材しかレンタルすることができないので、複数のカメラやレンズを入れ替えて使いたい場合はGooPass(グーパス)がおすすめ。

2.1Weekレンタルの機材がある

引用:GooPass

1Weekレンタルは、Lv2(10,780円/月)以上のプランで、最大2Rank上の機材(19,580円/月〜)が1週間に限りレンタル可能になるサービス。

利用しているプランよりも2Rank上の機材を借りることができるので、手が届かなかった機材を使うことができるので、かなりありがたいサービス。

対象機材には、1Weekレンタルのマークが表示されています。

マチカドのアイコン画像マチカド

GooPass(グーパス)だけのサービス!

3.安心の補償サービス

GooPass(グーパス)料金内に機材の補償費が含まれています。

普通に使っていて自然故障した場合は補償サービスが適用されますし、客側に過失があって修理が必要になった場合でも、負担上限が2,000円〜5,000円なので安心して利用できます。

CANERA RENT(カメラレント)の補償サービスは、月額料金とは別に商品ごとに月額385円(税込)が必要。ただし、修理が必要になった場合の自己負担金はありません。

4.梱包料無料チケットが使える

梱包料無料チケットとは、1回のレンタルごとに必要となる梱包料(1回 税込1,650円)が無料となるチケットが、毎月1枚付与されます。

梱包料無料チケットの有効期限は1ヶ月なので、翌月に繰越すことはできません。

CANERA RENT(カメラレント)の配送料金は無料ですが、返送料金は自己負担です。

5.離島への配送もOK

GooPass(グーパス)は日本全国、離島へも追加料金なく配送してくれます。

CANERA RENT(カメラレント)は一部の離島へは配送してもらえません。詳細をWebサイトで確認してみましたが、表?画像?がエラーで表示されていないため不明。

6.有料会員から無料会員へは更新日の直前まで変更可能

GooPass(グーパス)の有料プランは自動更新されますが、有料会員から無料会員へ変更する場合、次回の更新日を迎える前にマイページで手続きすればOK。

CANERA RENT(カメラレント)は、次回決済日の10日前までにWebサイトのお問合せフォームから無料会員へ変更したい旨を連絡しなくてはいけません。

7.検索項目が豊富

引用:GooPass

GooPass(グーパス)は、メーカーや利用プラン以外にも、撮影シーンや性能タグ、特集機材などの豊富な項目からも検索することができるので、初心者でも機材選びがしやすいのもポイントのひとつ。

8.オールドレンズが使える

引用:GooPass

GooPass(グーパス)は、最新の機材だけではなく、ライカレンズ等のフィルムカメラ時代のオールドレンズもレンタルすることができます。

オールドレンズは、現代のレンズとは違いフィルムっぽい写真が撮れることや、写りに個性があるため、人とは違う写真が撮れることで人気になっています。

マウントアダプターも用意してくれているのもありがたい。

9.バージョンアップし続けている

僕自身、2019年7月頃からGooPass(グーパス)を利用していますが、サービスが日々進化していっています。

正直、最初はWebサイトの検索項目も少なくて使いづらかったし、機材の数も少なくてレンタル中ばっかりだったし、

Kojiのアイコン画像Koji

長くは続かんだろうな…

って、思っていました。

でも、利用者からアンケートをとったりしながら、着実にサービスを充実させています。

今後もGooPass(グーパス)の進化に期待したいところです。

\ TRY NOW /

✔︎登録無料
✔︎送料無料
✔︎機材の数1,000種類以上

▶︎GooPass(グーパス)についてもっと詳しく知りたい方はこちら

CAMERA RENT(カメラレント)】のおすすめポイント

引用:CAMERA RENT

続いてCAMERA RENT(カメラレント)について。

CAMERA RENT(カメラレント)は2019年10月、GooPass(グーパス)に続いてサービス開始。

カメラやレンズ、クリップオンストロボ、三脚、ドローン、アクションカメラ、ビデオカメラなどのカメラ機材を月額定額制でレンタルし放題できるサブスクリプションサービスです。

後発ならではの、GooPass(グーパス)より安い料金設定が魅了。

それではGooPass(グーパス)と比較して、CAMERA RENT(カメラレント)のほうがおすすめできるポイントを紹介していきます。

1.料金が安い

CANERA RENT(カメラレント)1番のおすすめポイントは何と言っても料金の安さ

比較はこちら。

最も安い料金プラン

  • GooPass(グーパス)
    【Lv1パス】5,800円(税込6,380円)
  • CANERA RENT(カメラレント)
    【ブロンズ】3,500円(税込3,850円)

最も高い料金プラン

  • GooPass(グーパス)
    【Lv6パス】29,800円(税込32,780円)
  • CANERA RENT(カメラレント)
    【ダイヤモンド】17,500円(税込19,250円)
  • CANERA RENT(カメラレント)の最安プラン3,500円の中に、GooPass(グーパス)の最安プラン5,800円にある機材がラインナップされています。
  • CANERA RENT(カメラレント)の最高プラン17,500円の中に、GooPass(グーパス)の最高プラン29,800円にある機材がラインナップされています。

例えば、X-T30の15-45mmレンズキット。

同じ機材でも

引用:GooPassCANERA RENT

左がCANERA RENT(カメラレント)は6,500円。
右がGooPass(グーパス)は9,800円。

同じ機材でもCANERA RENT(カメラレント)のほうが圧倒的に安いです。

Kojiのアイコン画像Koji

【ブロンズ】プランの単焦点レンズを追加でレンタルしても、GooPass(グーパス)とほぼ同額!

マチカドのアイコン画像マチカド

CANERA RENT(カメラレント)、めっちゃ安いね!

2.機材の種類が多い

引用:CANERA RENT

CANERA RENT(カメラレント)はカメラやレンズ、ドローン、アクションカメラだけではなく、クリップオンストロボや三脚、ビデオカメラもレンタルすることができます。

ビデオカメラはGooPass(グーパス)では取り扱っていないので、ビデオカメラをレンタルするならCANERA RENT(カメラレント)一択。

その他にも、クリップオンストロボはすべてのカメラメーカーのものが揃っていますし、プロカメラマン向けのストロボメーカー・Profoto(プロフォト)までラインナップされてるのはすごい!

三脚は、国内メーカーのVelbon(ベルボン)やSLIK(スリック)だけではなく、海外メーカーのGITZO(ジッツオ)、Leofoto(レオフォト)を扱ってるのも嬉しい。

3.ポイントがある

CANERA RENT(カメラレント)では、月額利用料金の5%がポイントとして貯まります。

貯まったポイントは月額料金として使用可能

プラチナプランを利用した場合:【12,500円=1ヶ月625ポイント獲得】

ポイントに有効期限はなく、ポイントをムダにすることもありません。

4.フォトシェアリング機能

CANERA RENT(カメラレント)は、2020年7月にフォトシェアリングサービスを開始しました。

わかりやすく説明すると、PHOTOHITOみたいな感じ。

カメラ機材のレンタルだけではなく、写真コミュニティーとしても今後盛り上がっていくかもしれません。

写真の詳細には使用した機材が表示されているので、機材を借りる参考にもなります。

\ TRY NOW /

✔︎登録無料
✔︎レンタル料金が安い

CAMERA RENT(カメラレント)の料金

CANERA RENT(カメラレント)の料金プランは全5プラン。

最安プランはGooPass(グーパス)より安く、最上位プランもGooPass(グーパス)よりも安い。

Kojiのアイコン画像Koji

控え目にいっても最高。

プラン月額料金
ブロンズ3,500円(税込3,850円)
シルバー6,500円(税込7,150円)
ゴールド9,500円(税込10,450円)
プラチナ12,500円(税込13,750円)
ダイヤモンド17,500円(税込19,250円)

【GooPass】と【CAMERA RENT】の料金比較

料金比較

おさらいで、GooPass(グーパス)とCAMERA RENT(カメラレント)の月額料金の比較。

GooPass(グーパス)の料金プランは、最も安いプラン【Lv1パス】が5,800円(税込6,380円)、最高ランクのプラン【Lv6パス】が29,800円(税込32,780円)。

CANERA RENT(カメラレント)の料金プランは、最も安いプラン【ブロンズ】が3,500円(税込3,850円)、最高ランクのプラン【ダイヤモンド】が17,500円(税込19,250円)。

両社の料金表はこちら。

GooPass(グーパス) CANERA RENT(カメラレント)
料金プラン 月額 料金プラン 月額
ブロンズ 3,500円(税込3,850円)
Lv1パス 5,800円(税込6,380円) シルバー 6,500円(税込7,150円)
Lv2パス 9,800円(税込10,780円) ゴールド 9,500円(税込10,450円)
Lv3パス 13,800円(税込15,180円) プラチナ 12,500円(税込13,750円)
Lv4パス 17,800円(税込19,580円) ダイヤモンド 17,500円(税込19,250円)
Lv5パス 23,800円(税込26,180円)
Lv6パス 29,800円(税込32,780円)

CANERA RENT(カメラレント)の料金プランのほうが、GooPass(グーパス)よりも安くて利用しやすいことがわかります。

2つのサービスのいいとこ取りをする

たくさんの機材を借りたいならGooPass(グーパス)

月額料金はCANERA RENT(カメラレント)のほうが安いですが、GooPass(グーパス)はカメラやレンズを入れ替え放題なので、いろいろと試したい場合はGooPass(グーパス)がおすすめ。

機材の検索も使いやすくて、新しい発見ができるのもGooPass(グーパス)のいいところ。

例えば、特集機材という項目で「GooPassオリジナルセット」というのがあります。

・最新ミラーレス自撮り動画撮影セット
・最新スナップ撮影鉄板セット
・カメラ女子向け軽量ミラーレス×単焦点レンズセット
・風景撮影の表現が広がるNiSiフィルターセット
・バリアングル&タッチパネル液晶フルサイズ×TAMRON大三元望遠ズームセット

こんな感じで、機材を組み合わせておすすめのセットを提案してくれるスタイルは、新しい発見があって楽しいです。

一つの機材をじっくり使いたいならCAMERA RENT(カメラレント)

価格はCAMERA RENT(カメラレント)のほうが安くてお得。

ただし、1ヶ月に1つの機材という制限があるので、あれもこれも使いたい人には向かないサービス。

CAMERA RENT(カメラレント)を使うべき人は、1つのカメラやレンズをじっくりと使いたい人。

人気のあるカメラやレンズ以外は、お互いにラインナップが若干違うので、この機材はGooPass(グーパス)で借りて、こっちの機材はCANERA RENT(カメラレント)で借りる、といった2つのサービスのいいとこ取りがベストな使い方です。

まとめ

今まではGooPass(グーパス)しか使っていませんでしたが、CANERA RENT(カメラレント)と比較してみると、CANERA RENT(カメラレント)の料金設定はかなり魅力的だと思いました。

結論

  • カメラを入れ替えて複数の機材を使いたいならGooPass(グーパス)
  • コスパ良く、1つの機材をじっくり使いたいならCANERA RENT(カメラレント)

ライバル同士が切磋琢磨することで、サービスが良くなっていって、スマホではなくカメラで写真を撮る人が増えたらいいなと思います。

▶︎GooPass(グーパス)についてもっと詳しく知りたい方はこちら

▶︎CANERA RENT(カメラレント)についてもっと詳しく知りたい方はこちら

タップできる目次
閉じる