【α6400編】初心者にオススメするSONY(ソニー)のミラーレスカメラ

【α6400編】初心者にオススメするSONY(ソニー)のミラーレスカメラ




今回は数あるカメラメーカーの中からSONY(ソニー)のミラーレスカメラに限定して、初めてカメラを買おうと思っている方や初心者におすすめのカメラを紹介したいと思います!

 

自分ならこのカメラを買う!

友人にアドバイスを求められたらこのカメラを勧める!

 

そんな目線で選んでいるカメラです。

写真を始めるのに必要なカメラやレンズ、その他アクセサリー類も全部ひっくるめて紹介していきますので、一式揃えればすぐにでも写真を撮る準備は万全です。

 

結論からお話しするとSONY α6400がオススメです!

 

Koji
α6400のスゴさは何と言ってもオートフォーカス(AF)が優秀すぎること!!

スタンダードモデルにも関わらず、プロ向けの最上位機種「α9」譲りのめちゃくちゃ優秀なオートフォーカス(AF)機能が使えます。

ピント合わせのスピードは世界最速0.02秒。

しかも、AIが人間や動物の目を自動感知して自動的にピントを合わせができる瞳AFが優秀なのでポートレート撮影や、動き回る子供やペットの写真がピンボケにならず綺麗に撮れる!

車や鉄道など動きの速い被写体にもばっちりピントを合わせられるので、幅広いジャンルの写真を撮ることができるカメラです。

 

 

それでは、α6400のおすすめポイントについて、詳しくお伝えしていきます。

 

キャッシュバックキャンペーン実施中!

2019年11月1日(金)〜2020年1月13日(月)の期間中にα6400を購入すると最大15,000円のキャッシュバックが受けられます!

どうせカメラを買うならキャッシュバックキャンペーン中が絶対にお得!

 

この記事の目次

おすすめカメラ:ミラーレスカメラ【α6400

α6400は初心者が使いやすいソニーのカメラ「α6000シリーズ」のミラーレスカメラです。

「α6000シリーズ」は3グレードに分かれていて、α6400はいいとこどりの中位モデルです。

 

*表は横へスライドできます。

型式 発売日
上位モデル α6600 2019年11月1日
中位モデル α6400 2019年2月22日
下位モデル α6100 2019年10月25日

 

 

α6400の基本情報

※表は横へスライドできます

発売日 2019年2月22日
センサーサイズ APS-Cサイズ(23.5 x 15.6mm)
有効画素数 約2420万画素
写真の記録形式 JPEG/RAW
使用レンズ ソニーEマウントレンズ
記録媒体 SDカード(SD、SDHC、SDXC(UHS-I対応))
AF ファストハイブリッドAF(位相差検出方式/コントラスト検出方式)
AF測距点 425点
連続撮影枚数/秒 最高11コマ
動画 4K(3840×2160)30p
動画の記録形式
XAVC S/AVCHD
モニター 3.0型 可動式(タッチパネル)
自撮り
サイレント撮影
ボディ内手ブレ補正
防塵・防滴
内蔵フラッシュ
WiFi
Bluetooth
大きさ 約120.0mm(幅) × 66.9mm(高さ) × 59.7mm(奥行)
重量 約403g(バッテリー、メモリーカード含む)

 

ボディカラーはシルバーの2カラーから選べます。

ボディーだけの販売もしていますが、初めてカメラを買う人はレンズキットがオススメです。

 

 

α6400のおすすめポイント

軽くてコンパクト、しかも持ちやすいボディ

カメラの重さはバッテリー、メモリーカード含めてたったの406g!

500mlのペットボトルよりも軽い!

 

しかも、軽いだけではなくコンパクト!

カメラの横幅(120.0 mm)はiPhone5(SE)を横にした長さ(123.8 mm)とほぼ同じ。(むしろiPhone5より小さい。)

軽くてコンパクトなので、気軽にバックに入れて持ち運べます。

 

瞳AFがすごい

まずはこちらの映像をご覧ください。

瞳を検出してピントを合わせ続ける「リアルタイム瞳AF」がスゴい!!

 

ピントを合わせるポイントが425点もある

ピントを合わせられる範囲のイメージはこちら!

引用:SONY公式

 ピントを合わせるポイント(測距点)は425点もあり、写真が撮れる範囲(撮像面)の約84%でピント合わせが可能!

しかも瞳AFが素晴らしいので、カメラが人物や動物の瞳を自動感知してピントを合わせることができるため、とても人物(動物)撮影がしやすいです。

また、α6400には最新の画像処理エンジンや、フルサイズミラーレスカメラ譲りの最先端技術を搭載しているのでとにかくピントを合わせるスピードもとにかく早いです!

 

道ゆく車でオートフォーカス(AF)のテスト撮影した写真です。

20〜30m先から路肩へ停車すべくこちらへ勢い良く向かってくる車。

ゆっくりではなく、結構な勢いで向かってきたタイミングです。

連写で18枚撮影しましたが、すべての写真で車にばっちりピントが合っていました!!

 

この写真ではピントは分かりずらいですが、赤丸を付けた写真をこんな感じ。

Koji
これにはホントに驚いた!!

α6400のAFはピンと合わせのスピードが早いだけではなくて、追従性能が他のカメラメーカーのものよりも群を抜いて素晴らしいんです!

やはりソニーを選ぶ最大のポイントは優秀すぎるAF性能です。

 

自撮りも簡単にできる可動式液晶モニター

 

α6400の液晶モニターは上下に角度を調整することができます。(上方向に約90度、下方向に約74度)

モニターが動かせるので、子供や動物の目線に合わせてカメラを低く構えたり、手を伸ばして高い場所からのハイアングルの写真も、簡単に撮影することができます。

Koji
テーブルの上の料理も、モニターを見ながら簡単に真上から撮影できてしまいます、便利すぎる!!

 

また、モニターを180度反転させることもできるので、モニターを見ながらの自分撮りも簡単。

 

モニターにタッチするだけでピントを合わせることができたり、モニターに触れるだけでそのまま写真を撮れるタッチシャッター機能もあるので、スマホ感覚で簡単に綺麗な写真を撮れる手軽さもちょうどいいです。

 

  1.  ピントの合うスピード
  2. 自動的に瞳にピントを合わせてくれる瞳AF
  3. ピントを合わせられる範囲の広さ
  4. 動かせる液晶モニター
  5. スマホ感覚のタッチシャッター機能

カメラ任せで、いい瞬間を逃さずに写真を撮ることができます。

 

α6400自分にあったレンズキットを選べる

α6400はレンズキットの種類が豊富で、自分にあった組み合わせを選ぶことができます。

レンズキットは全部で4種類。

【これを買えば間違いない】パワーズームレンズキット

ボディと標準ズームレンズのセット。

 

標準ズームレンズ:E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS(SELP1650)

標準ズームレンズとは、広くも撮れるし、ちょっとした望遠レンズとしても使える使い勝手の良いレンズで、このレンズ1本持っておけば何でも撮れる!というお守り的なレンズです。

 

それではパワーズームレンズキットについてもう少し見ていきます!

この標準ズームレンズはとても薄くてコンパクトなレンズ。

レンズの厚みは29.9mmと薄く、重さは118gしかないので携帯性に優れていています。

 

ちなみにカメラと合わせてみると…

カメラと合わせても524gしかなので、500mlのペットボトル程度の重さしかありません。

α6400のコンパクトボディにぴったり!

 

おすすめポイント
  1. 16-50mmは広角〜中望遠域をカバーしたレンズなので、このレンズキットを買って失敗することはありません。
  2. 風景、人物、料理など幅広いシチュエーションの撮影ができます。
  3. レンズの長さは29.9mmとてもコンパクトなので、気軽にカメラを持ち歩きたい方におすすめ。
  4. 望遠ズームレンズや高倍率ズームレンズの使い道が想像できない場合は、とりあえず標準ズームだけで写真を撮り始めてみて、他のレンズが欲しくなったら後から追加購入するといいです。

 

【標準ズームと望遠ズームで全ての場面に対応】ダブルズームレンズキット

ダブルズームキットには標準ズームと望遠ズームの2本のレンズが付いています。

 

望遠ズームレンズ:E 55-210mm F4.5-6.3 OSS(SEL55210)

おすすめポイント

  1. 標準ズームと55-210mmの望遠ズームの2本のレンズがあれば、ほぼすべてのシチュエーションに対応できます。
  2. 普段は標準ズームを付けて持ち歩き、望遠ズームは必要な時だけ持ち出すことで、荷物をコンパクトにすることができます。

望遠ズームは遠くの人や物、風景を撮影するのに便利なレンズです。

例えば…

  • 運動会で遠くにいる子供の写真を撮りたい
  • 人物撮影の時に背景をぼかして撮りたい
  • 遠くの風景を大きく撮りたい

などに望遠レンズが必要になってきます。

 

人物撮影で背景をぼかしたい場合にもおすすめ。

 

【携帯性さえ気にならなければベストチョイス】高倍率ズームレンズキット

ボディと高倍率ズームレンズのセット。

 

高倍率ズーム:E 18-135 mm F3.5-5.6 OSS(SEL18135)

おすすめポイント
  1. 18-135mmは標準ズームと望遠ズームのいいとこ取りなレンズで、キットレンズの中で最も万能なレンズ。このレンズ1本あれば広角から望遠まで幅広く撮影することができるので、ほぼすべてのシチュエーションに対応できます。
  2. 風景、人物、料理、本格的な望遠撮影など幅広いシチュエーションの撮影が可能。
  3. 18-135mmは レンズが若干長い為(88mm)、携帯性は悪くなりますが、それさえ気にならなければ、僕はこのレンズキットがベストチョイスだと思います。

 

管理人のおすすめレンズ

α6400はパワーズームレンズキット を買えば間違いないです。

 

でも、、

一眼カメラを買ったのに言うほど綺麗な写真撮れなくない?
一眼カメラだからこそ撮れるふわっとボケた写真を撮りたい!!

 

キットレンズでは物足りない!というあなたには、初心者のみなさんが知らないことをお教えしますね。

 

写真の写りに大きく影響するのは、カメラの性能よりもレンズの性能や個性なんです!

 

値段が高い高性能のカメラを使っていても、レンズがそれなりであれば、写真もそれなりにしか写りません。

逆を言えば、カメラは入門機でもレンズさえ良ければ上位機種と同等の写真を撮ることができます。

 

値段が高くていいレンズはたくさんありますが、初心者でも買いやすくて、ちゃんと個性のある良く写るレンズもちゃんとあるんです!

そこでおすすめするのが単焦点レンズです。

 

単焦点レンズとは?

単焦点レンズは撮影する範囲が固定されているので、ズームレンズのようにレンズを動かして写す範囲を変えることはできません。

自分がカメラと一体化するイメージで、広く撮りたければ自分が撮影対象から離れ、近づいて大きく撮りたければ自分が近寄る必要があるため、体全体で写真を撮る楽しみを感じられるレンズです。

またズームレンズに比べて大きくボケるので、ふわっとした写真が好きな人には単焦点レンズがオススメです。

 

そこで!

フォトグラファーの管理人が、さらに綺麗な写真を撮るためのおすすめレンズを紹介していきます。

Koji
単焦点レンズを手にしたら、写真ライフがさらに楽しくなりますよ!

 

標準レンズ:人間の視野に近い画角のレンズ

標準レンズは、人間の視野に近い距離感、見え方で写真を撮ることができるレンズです

人物や景色、ペットや料理、なんでも撮れるオールマイティレンズ。

ズームレンズでは絶対に表現できない世界を写真に写すことができます。

2本とも最短撮影距離が30cmなので、写したいものにグッと寄って、背景をぼかした雰囲気のある写真を撮ることができます。

ソニー純正レンズ:E 35mm F1.8 OSS

 

純正レンズよりもさらにボケる:SIGMA 30mm F1.4 DC DN

 

広角レンズ:人間の視野よりも広い範囲を撮影できるレンズ

広角レンズは人の目で見たよりも広い範囲を撮影できるレンズです。

距離をとって撮影できない室内での撮影や、ピントの合う範囲が広いので風景写真にも便利です。

シャープな写りがたまらない:SIGMA 16mm F1.4 DC DN

 

中望遠レンズ:人物撮影におすすめのレンズ

被写体をくっきりと浮かび上がらせて、背景を大きくぼかすことができる、人物撮影におすすめの中望遠レンズ。

レンズが明るいので薄暗い室内も夜景などの暗い場所でも綺麗に撮影することができます。

ソニー純正レンズ:E 50mm F1.8 OSS

created by Rinker
ソニー(SONY)
¥21,671 (2019/11/20 20:16:23時点 Amazon調べ-詳細)

 

シャープで繊細な描写:SIGMA 56mm F1.4 DC DN

 

カメラとレンズ以外にも必要なアクセサリーがある

SDカード

撮った写真を保存するためのSDカードは必須です。

▶︎α6400の撮影枚数の目安はこちら→静止画の記録可能枚数

記録画質 8GB 16GB 32GB 64GB
JPEG:スタンダード 1300枚 2600枚 5300枚 10500枚
JPEG:ファイン 810枚 1600枚 3300枚 6600枚
JPEG:エクストラファイン 405枚 800枚 1600枚 3250枚
RAW 295枚 600枚 1200枚 1750枚

 

▶︎動画の記録枚数の目安はこちら→動画の記録可能枚数

 

写真はjpegのみ(Rawでは撮らない)の撮影や、動画撮影をしないようであれば8GBで十分。

ただ、写真をRawで撮る場合や、動画を撮る場合は32GB〜64GBをオススメします。

SDカードは故障して撮影できなくなってしまう場合や、撮った写真で容量がいっぱいになり撮影できなくなる場合のことも考えて、2枚持っておくと安心です。

例えば64GBのカードを1枚買うのであれば、32GBのカードを2枚買うといいです。

created by Rinker
トランセンドジャパン
¥990 (2019/11/21 01:58:55時点 Amazon調べ-詳細)

 

●紹介したトランセンドというメーカーはSDカードが故障や不具合が生じた場合、保証期間であれば丁寧に交換対応してくれますので安心して使うことができます。

コウジ
実際にトランセンドのメモリーカードを使っていますが、価格も安く、不具合もないので愛用しています。

 

レンズ保護用のフィルター

保護フィルターはレンズを傷や衝撃から守ってくれます。

保護フィルターを付けていない状態のレンズをぶつけたり、こすったりした場合、レンズに傷がついてしまいます。

しかし、 保護フィルターをつけておけば、レンズを傷から保護できますし、レンズを落としてしまった場合でも、フィルターがレンズを守ってくれて、レンズは無傷だったことも経験としてあるので、保護フィルターは絶対に購入しておくことをオススメします。

実際、僕の保護フィルターは傷も多いですが、レンズは綺麗に保たれています。

 

ちなみにレンズキャップはレンズを傷から守るためのものなので、保護フィルターを付けていれば、レンズキャップをつける必要は無くなります。

値段の高い高品質な保護フィルターもありますが、安いもので全然問題ありません。

▼16-50mm用の保護フィルターはこちら

 

▼55-210mm用の保護フィルターはこちら

 

▼18-135mm用の保護フィルターはこちら

 

バッテリー

意外に忘れがちなのが予備バッテリー。

ミラーレスカメラはバッテリーの消費が早いので、予備のバッテリーは必須。

せっかくカメラを持って行ったのにバッテリー切れで写真が撮れない。。なんてならないようにしてくださいね。(私はその経験あります。。)

created by Rinker
ソニー(SONY)
¥6,480 (2019/11/20 20:16:25時点 Amazon調べ-詳細)

 

液晶保護フィルム

カメラの液晶モニター保護用のフィルター。

カメラを使用していると、どうしても小さな傷が液晶モニターについてしまいますが、液晶保護フィルターを使用すれば、傷の心配はありません。

 

マニュアル本

初めてカメラを買ったけど、カメラの操作も写真のこともわからなくて不安というあなたにオススメするα6400のマニュアル本。

取扱説明書には必要最低限のことしか書いてなくてよくわからないと。。いう方にカメラの基本機能からレンズの取り付け方、様々なシーン別の撮影テクニックまでわかりやすく解説されています。

これからα6400を使おうとしている方はもちろん、すでにα6400を持っている方も再発見のある一冊です。

created by Rinker
技術評論社
¥1,628 (2019/11/20 20:16:25時点 Amazon調べ-詳細)

 

もう一冊は発行部数20万部突破の今いちばん売れてるカメラの本。

一眼レフの挫折経験をもつ著者が、写真家の先生と出会うところから始まり、カメラ選び〜実践的な応用、「失敗あるある」までリアルな体験をマンガでわかりやすくまとめられています。

カメラや写真のことが楽しくわかりやすく描かれているので、初心者におすすめな一冊です。

created by Rinker
¥1,320 (2019/11/21 01:19:16時点 Amazon調べ-詳細)

 

三脚

星空を綺麗に撮ったり、長時間露光で夜景を綺麗に撮りたい場合、三脚があると撮れる写真の幅が広がります!

ベルボンのUT-43 IIはA4用紙よりも小さいサイズ(27.5cm)に収納できるので、リュックなどに入れて気軽に持ち歩けるコンパクトで軽い三脚です。

 

SLIKのエアリーL100は41.7cmに収納できて、重さはたったの980g!

普段使いのバッグに入れて気軽に持ち運べる便利な三脚!

コウジ
軽さが決め手でエアリーL100を購入しました!
めちゃくちゃ使いやすい!

 

まとめ:SONYのミラーレスカメラはα6400で決まり!

α6400本当にスゴいから使って見てください。

瞳AF、感動しますよ!

 

キャッシュバックキャンペーン実施中!

2019年11月1日(金)〜2020年1月13日(月)の期間中にα6400を購入すると最大15,000円のキャッシュバックが受けられます!

どうせカメラを買うならキャッシュバックキャンペーン中が絶対にお得!

 

▶︎ソニーだけではなく、キヤノン、オリンパスのミラーレスカメラにも興味がある方は以下のページも合わせて読んでみてください。

▶︎一眼レフカメラにも興味がある方はこちらもどうぞ!